スマートフォン用の表示で見る

源義親

一般

源義親

みなもとのよしちか

平安時代後期の武将。

清和源氏源頼朝の実の曽祖父に当たる。*1八幡太郎源義家の息子。子に源為義がいる。

平家物語』の冒頭で「康和の義親」と語られるのはこの人。

狼藉を働き官物を奪取するなどして朝廷に対しても反抗的な態度を取り続けたため、追討命令が下されてしまう。が、これには源氏勢力の衰退を狙う平家一門や皇室による作為が含まれるとみる説もある。

最期は平正盛に討伐されたとされるが、その後に幾度も「源義親」なる者が誅されたと記され本当はいつ死んだのかよく分からない。

*1:ただし、頼朝の祖父・源為義は義親の兄弟・源義忠の養子に入った。