源光

社会

源光

みなもとのひかる

日本の平安時代前期の公卿仁明天皇の皇子。

多くの兄弟とともに源姓を賜って臣籍降下右大臣などを歴任した。