スマートフォン用の表示で見る

源氏鶏太

読書

源氏鶏太

げんじけいた

1912年(明治45年)4月19日〜1985年昭和60年)9月12日

富山市泉町57番地に生まれる。本名田中富雄。

富山県富山商業卒業後住友合資会社入社。戦後の財閥解体後泉不動産(現住友不動産)に移り、1956年総務部次長で退職。小説家に専念する。

勤続25年10ヶ月のサラリーマン生活体験を基盤に、サラリーマンを主人公とした数多くのユーモア・明朗小説を発表する。

処女作は1934年報知新聞社募集の懸賞小説に入選した「村の代表選手」。

翌年のサンデー毎日募集の懸賞小説で「明日も青空」が佳作。このときから源氏鶏太ペンネームを使用。

実質的な作家活動は、1947年の「たばこ娘」から。1951年「英語屋さん」他で第25回直木賞

1958年より直木賞選考委員。

1961年より東宝株式会社監査役

1970年吉川英治文学賞