スマートフォン用の表示で見る

源重信

社会

源重信

みなもとのしげのぶ

日本の平安時代中期の公卿敦実親王の四男。

音楽に秀でていたと言われている。