スマートフォン用の表示で見る

源重之

読書

源重之

みなもとのしげゆき

平安時代中期の歌人三十六歌仙の一人。

生没年不詳。

清和源氏貞元親王流。三河守源兼信の子で、伯父参議源兼忠の養子となった。子女もそれぞれ『重之子集』『重之女集』の家集が残る。

官途としては貞元元(976)年に相模権守になるなどしたものの、あまり恵まれなかった。

陸奥守となった藤原実方に随行して陸奥国に下り、そのまま11世紀前後に没した。

家集『重之集』中に見える「重之百首」は最古の百首歌のひとつとされる。『拾遺和歌集』以降の勅撰和歌集に約七十首入集。