源泉分離課税

一般

源泉分離課税

げんせんぶんりかぜい

源泉徴収される分離課税のことで、源泉徴収によって納税し、確定申告を必要としない課税方式のことである。日本では預貯金などの利子所得や公社債投資信託の収益の分配などが源泉分離課税である。