スマートフォン用の表示で見る

源通親

一般

源通親

みなもとのみちちか

村上源氏。源雅通の長男。土御門内大臣、源博陸と称される。

平氏政権下では蔵人頭を務めるなど、高倉天皇の近臣として活動。その後の高倉上皇崩御平家の没落という事態の中で、後白河法皇に接近して院近臣となる。

そして後鳥羽天皇乳母高倉範子を後妻としたことから、大きく飛躍を遂げる。範子が先夫*1との間に儲けた在子(承明門院)を養女として入内させ、産まれた皇子が即位土御門天皇)して、天皇の外祖父となった。また、後白河院没後の朝廷をリードし、孤立していた九条兼実を失脚させてからは絶頂期を迎え、人々は「源博陸*2」と称した。

天皇家との姻戚関係だけでなく、彼には豊かな学識があり、また丹後局後白河院寵妃)ら有力者との良好な関係が権勢を握る要因となったとみられる。

*1:法勝寺執行法印・能円。

*2:「源氏関白」の意。