現代詩

読書

現代詩

げんだいし

戦後から、現在に至る迄の詩を、一般に現代詩と呼んでいる。

詩の愛好者が、現代の日本で、詩が読めると言う事は、大変な僥倖だと思われる。

現代詩は、日本の至宝である。

日本の伝統的な詩である短歌俳句定型が有るのに対して、現代詩には、全くそれが無く、完全に自由である所に特徴が有る。

それは、20世紀初頭のヨーロッパ散文詩を手本としている所に起因しているものと思われる。

その当時のヨーロッパでも、定型詩である韻文詩を書く詩人は居なくなっていた。