言語障害 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

言語症

げんごしょう

会話時に言葉が出なかったり、ろれつが回らない状態になる障害の総称。言語障害。Speech disorder。

概要

失語症と構音障害の2種類から成り立っており、両者の違いを一言で言うと

  • 失語症: 会話のキャッチボールが成立しない状態。
  • 構音障害:会話の内容は正確だが、舌や口唇の運動麻痺により、ろれつが回らない状態。

とされる。

2014年5月28日、日本精神神経学会により精神疾患の病名に関する新しい指針が発表され、表記が「言語障害」から「言語症」へと変更した*1

失語症

大脳の言葉を司る言語野言語領)という部分が何らかの原因で傷ついたため、言葉がうまく使えなくなる状態をいう。話すことだけでなく、読み書きや聞き取りも難しくなることがあり、損傷場所によりその障害の程度などは異なるとされ、主にぎこちない話し方になる「運動性失語ブローカ失語)」と、言い違いや理解困難が起こる「感覚性失語ウェルニッケ失語)」に分類することができる。

また具体的な症状としては

  • 物品の名前が答えられない
  • 文字による言葉の理解や表現ができない
  • 音読と書き取りができない
  • 復唱ができない

などがあげられる。

構音障害

脳の言語中枢から、口や舌、咽頭、口蓋などの発音に必要な構音器官に指令が送られることで会話を行えるが、音声の組み立てや調節の部分に障害があるときに、口がもつれてしまいろれつが回らない状態をいう。発する言葉の内容や言葉の理解には異常が無い。