スマートフォン用の表示で見る

言葉

一般

言葉

ことば

他者との連絡手段・コミュニケーション手段。

  • 意味を表す単語

人間は言葉(単語)を積み重ねて、ものごとを考える。意味や理屈の最小単位。

  • 感情表現の手段

人間は言葉を用いて喜怒哀楽を伝える。

  • 意思表示の手段

人間は言葉によって“意見”をつくりあげ、言葉によってその“意見”を他人に伝える。

(例:「黙ってたら、分らないじゃないか!」)


言葉を否定する行為に、暴力、圧力たとえば緘口令、口止め料などがある。

(例:死人に口なし)


言葉の機能

言葉には、主に以下の機能がある。

  • 伝達機能(思考や感情を他者に伝える)
  • 分類機能(ものごとの意味を区別する)
  • 思考機能(ものごとを考える個々の要素が言葉)

さらに文字で表すことにより

  • 記録機能(ものごとを記号化して長期に保存する)
  • 言質機能(争いが起きた時の責任を明示する証拠とする)
  • 宣伝機能(より多くの他者に伝達させる)

などがある。

言霊信仰

言霊、忌み言葉、忌み名など。

古来、日本において言葉に神が宿るという考え方がある。

例示:

「明日の決勝負けたらどうしよ…」

「縁起の悪いこと(言葉)を言うな」

ひとつの予測など考えを言葉として口に発することで、まるでその言葉が現実化するかのような信仰言霊という。