限界革命

一般

限界革命

げんかいかくめい

Marginal Revolution

1870年代にウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ、カール・メンガーレオンワルラスの3人の経済学者が、ほぼ同時に、それぞれが限界理論を基礎にした経済学の体系を樹立し、古典派経済学に対して近代経済学を創始したことをいう。