限界原理

一般

限界原理

げんかいりろん

ミクロ経済学の原理の1つ。トレードオフの関係のものを単位あたりで等しくすると最も効率が良くなるという原理である。新古典派経済学の核となる原理である。