個人投降

一般

個人投降

こじんとうこう

兵士が個人の判断で投降すること。

個人投降の場合、つまり戦場で兵士が手を挙げて、あるいは白旗を挙げて投降しても、捕虜として処遇される保証はない。むしろ、敵軍への脱走と同様と見なされ、軍事犯罪とされることがある。