スマートフォン用の表示で見る

古井由吉

読書

古井由吉

ふるいよしきち

昭和12年(1937年)、東京に生まれる。昭和37年東京大学大学院独文修士課程を修了し、金沢大学講師を経て立教大学助教授となる。43年、処女作「木曜日に」を同人誌『白描』に発表。45年、立教大学を退職して、作家活動に専念。

主な著作

小説

エッセイその他

  • 『日常の“変身” 全エッセイ1』
  • 『言葉の呪術 全エッセイ2』
  • 『山に行く心 全エッセイ3』
  • 東京物語考』
  • 『招魂のささやき』
  • 『裸々虫記』
  • 『「私」という白道
  • 『日や月や』
  • ムージル 観念のエロス』
  • 『招魂としての表現』
  • 『魂の日』
  • 小説家の帰還―古井由吉対談集』
  • 『半日寂寞』
  • 『折々の馬たち』
  • 『神秘の人びと』
  • 『山に彷徨う心』
  • 『遠くからの声―往復書簡』
  • 『ひととせの―東京の声と音』
  • 『聖なるものを訪ねて』
  • 『詩への小路』

翻訳

受賞歴