スマートフォン用の表示で見る

古賀忠道

一般

古賀忠道

こがただみち

上野動物園初代園長

1903年明治36年)12月4日佐賀県に生まれる。1928年(昭和3年)東京帝国大学農学部獣医学科(現東京大学)を卒業と同時に、東京市公園課に就職し、上野恩賜公園動物園に勤務するようになる。

1936年クロヒョウ脱出事件を契機に、動物園園長職がないことが見直され、翌1937年3月1日、園長制度がしかれ、正式な「動物園長」に就任。

戦後は、1946年に映画館「かもしか座」の開設、1948年には子供動物園の開園、おサル電車の開通など、子どもたちへの明るい贈りものの開発に心を つくす。

1949年インドのネール首相よりアジアゾウの「インディラ」が贈られ、1950年はインディラを中心とした移動動物園を実施する。

1962年、創立80周年記念祭を最後に退職。退職後は、財団法人東京動物園協会理事長に就任するとともに、国際自然保護連合(IUCN)日本委員会の委 員長をつとめ、ついで 世界野生生物基金WWF)日本委員会設立に奔走した。

1986年4月25日、永眠。