スマートフォン用の表示で見る

古楽演奏

音楽

古楽演奏

こがっきえんそう

 作曲年代の楽器の特質やその演奏様式を重んじ、古楽器によって再現される中世ルネサンスバロック期の西洋音楽の演奏を指す。

 19世紀末頃からこういったアプローチがみられるようになる。

 当初は学問的な考証に偏ったものとみなされがちだったが、1970年代以降、音楽界・聴衆全般に幅広く認知され、現在ではモダン楽器奏者の奏法、管弦楽の編成や演奏様式などにも影響を与えている。