古川昌明

スポーツ

古川昌明

ふるかわまさあき

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー

1968年8月28日生まれ。千葉県千葉市出身。身長180cm、体重72kg。利き足は左足。

市原緑高校卒業後、本田技研入社

その後、本田技研狭山サンパウロFCを経て1992年、鹿島アントラーズに入団。Jリーグが開幕すると正GKとして1stステージ優勝に貢献。

1997年以降は、高桑大二朗佐藤洋平らが台頭し出場機会が減った。

1998年9月、アビスパ福岡期限付き移籍。しかしそこでも出番はなく、翌年鹿島に復帰。その後も出場機会はなかった。

2000年オフ、現役にこだわる為移籍先を模索したが、見つからず現役引退

引退後、ブラジルに渡り、コリンチャンス・パウリスタやCFZでGKコーチ修行。帰国後は川崎鹿島のGKコーチを務めている。