スマートフォン用の表示で見る

古川緑波

映画

古川緑波

ふるかわろっぱ

喜劇俳優。古川ロッパとも書く。明治36年〜昭和36年。

本名古川緑郎。加藤照麿男爵の六男として生まれ、古川家の養子となる。

早稲田大学入学後、菊池寛に招かれて映画雑誌の編集者となる。その頃、親交のあった徳川夢声大辻司郎等と「ナヤマシ会」に参加。声帯模写芸で評判を博す。

昭和八年、浅草で「笑の王国」を旗揚げ。エノケンの対抗馬と目されるようになり、昭和10年、東宝に引き抜かれて丸の内進出。菊田一夫を台本作者として、昭和20年の終戦まで、黄金時代となる。

戦後は一転して不遇。死後、長年、書き続けた日記が「古川ロッパ昭和日記」として晶文社から出版された。