スマートフォン用の表示で見る

古沢岩美

アート

古沢岩美

ふるさわいわみ

画家。シュールレアリスティックな画風で知られ幻想的なエロスの表現を得意とする。

明治45年(1912年)、佐賀県三養基郡旭村(現鳥栖市)に生れる。

昭和2年(1927年)、久留米商中退。朝鮮大邸に渡り、叔父の経営する練炭店で働きながら絵を描く。

昭和3年(1928年)上京し、洋画の巨匠・岡田三郎助宅に寄食

昭和15年(1940年)、朝日新聞社創立50周年記挿画コンクールに当選。懸賞小説「桜の園」の挿し絵で一躍知られるようになる。

昭和50年1975年)、山梨県西八代郡上九一色村(現南都留郡富士河口湖町)に「古沢岩美美術館」が完成。

著書は「月と黒子」「絵の放浪」など36冊。