スマートフォン用の表示で見る

古沢憲司

スポーツ

古沢憲司

ふるさわけんじ

60〜80年代のプロ野球選手。通称「バーディ」。

右投右打、ポジションは投手背番号は70→43→25→51→23→16番。

1948年3月31日生まれ。愛媛県新居浜市出身。

1963年、16歳で新居浜東高校を中退、阪神タイガースにテスト入団。

1965年、中継ぎ投手として一軍に定着。

1969年以降、先発投手となる。

1972年1976年と二度の開幕投手を務め、1970年タイガース投手陣を支えた。


1979年真弓明信若菜嘉晴竹田和史との4対2の交換トレードで、

田淵幸一と共に西武ライオンズに移籍。


1982年高橋直樹との1対2の交換トレードで、大原徹也と共に広島東洋カープに移籍。

カープでは中継ぎ投手として活躍。

1985年、現役引退。テレビ大阪野球解説者となる。


1993年広島東洋カープの二軍投手コーチに就任。

1996年、阪神タイガースの二軍投手コーチに就任。

2001年から2003年まで、広島東洋カープの臨時コーチを務め、選手育成を担当する。

2004年、業務提携の中国野球リーグ広東レオパーズのコーチに就任。

2006年には中国シリーズに導いた。