スマートフォン用の表示で見る

古田敦也

スポーツ

古田敦也

ふるたあつや

プロ野球選手、指導者。ポジションは捕手

1965年8月6日生まれ。兵庫県出身。180cm80kg。B型。右投右打、背番号は27番。

大学時代の1987年に「眼鏡の捕手は大成しない」というジンクスのために、大学卒業後複数の球団*1に上位指名を確約されながら、結局どこの球団にも指名されることはなく、トヨタ自動車に入社。

ソウルオリンピックに正捕手として出場。銀メダルに輝く。

1990年に、ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団、1年目より正捕手となる。

圧倒的な盗塁阻止率、ID野球の申し子とまで言われた頭脳的リード、ささやき戦術などで、捕手のイメージを変えた。

コンスタントに3割を打てるバッティング池山隆寛広澤克実らとチームを牽引する。

野村克也監督の薫陶を受け、5度のセ・リーグ優勝、4度の日本一スワローズ黄金時代の立役者となる。

現役最高、プロ野球史上でもトップクラスの名捕手

1998年から2005年まで日本プロ野球選手会の会長も勤め、プロ野球選手の地位向上のために貢献した。

2005年4月24日、松山坊ちゃんスタジアムで行われた広島東洋カープ戦で、プロ野球史上32人目の通算2000本安打を達成。*2

2006年、選手兼任監督に就任。28年ぶりに兼任監督として期待がかかるが、選手としての出場は減少の一途を辿る。

2007年、現役引退。監督業も辞任し、退団。

同年、背番号27番が準永久欠番となる。


妻は元フジテレビアナウンサー中井美穂



球歴

-1983
川西明峰高校
1984-1987
立命館大学
1988-1989
トヨタ自動車
1990-2007
ヤクルトスワローズ(1989年ドラフト2位・2006年より東京ヤクルトスワローズ

個人タイトル

リスト::野球選手

*1:指名を確約していたのは阪神タイガース日本ハム・ファイターズと言われている。

*2捕手としては野村克也に続き二人目、大学→社会人入団の選手としては史上初の快挙。

*3入団以来17年連続出場は日本プロ野球記録だったが、2007年度は選手としての出場はなく、17年で記録は途切れた。