古都保存法 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法

ことにおけるれきしてきふうどのほぞんにかんするとくべつそちほう

日本の法律

(昭和四十一年一月十三日法律第一号)

通称:古都保存法

第二条において「古都」を定義し、政令で定められた市町村を加えて具体的には以下の10市町村が対象地域にあたる。

(目的)

第一条
この法律は、わが国固有の文化的資産として国民がひとしくその恵沢を享受し、後代の国民に継承されるべき古都における歴史的風土を保存するために国等において講ずべき特別の措置を定め、もつて国土愛の高揚に資するとともに、ひろく文化の向上発展に寄与することを目的とする。

(定義)

第二条
この法律において「古都」とは、わが国往時の政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する京都市奈良市鎌倉市及び政令で定めるその他の市町村をいう。

 この法律において「歴史的風土」とは、わが国の歴史上意義を有する建造物、遺跡等が周囲の自然的環境と一体をなして古都における伝統と文化を具現し、及び形成している土地の状況をいう。

(国及び地方公共団体の任務等)

第三条
国及び地方公共団体は、古都における歴史的風土が適切に保存されるように、この法律の趣旨の徹底を図り、かつ、この法律の適正な執行に努めなければならない。

 一般国民は、この法律の趣旨を理解し、いやしくもこの法律の目的に反することのないように努めるとともに、国及び地方公共団体がこの法律の目的を達成するために行なう措置に協力しなければならない。


以下、略