スマートフォン用の表示で見る

古波蔵保好

一般

古波蔵保好

こはぐらほこう

エッセイスト、評論家。2001年8月30日肺がんのため、死去した。九十一歳。

一九三一年、沖縄日新聞社に入社。その後、毎日新聞へ移り、社会部記者、論説委員を経て、エッセイストとして活躍した。

那覇市内にある琉球料理専門店「美栄」の店主でもあり、沖縄食文化のほか、服飾や風俗、歴史に関する著作もある。

日本エッセイストクラブ会員で、「沖縄物語」(八一年)が同クラブ賞を受賞した。ほかに「非常識夫婦論」(六三年)「ステーキの焼き加減」(七九年)「料理沖縄物語」(八三年)など、多数の作品を残した。