スマートフォン用の表示で見る

古木克明

スポーツ

古木克明

ふるきかつあき

総合格闘家。元プロ野球選手。

1980年11月10日生まれ。三重県松阪市出身。SMASH所属。血液型O型。身長182cm、体重85kg。

右投左打、ポジションは三塁手外野手背番号は3→33→46番。

豊田大谷高校で夏の甲子園出場。1998年、ドラフト1位*1横浜ベイスターズに入団。*2

高木豊の後5年間空き番となっていた背番号3を着用する。

1年目より、控えの野手として一軍に出場。しかし、その後は伸び悩み、二軍でも期待に応えることができないでいた。

内外野のポジションを守り定まらず、2002年には石井浩郎の移籍によりに背番号変更を余儀なくされる。

同年のシーズン終盤に一軍に昇格すると、9月以降で9本塁打と活躍。

2003年、オープン戦山下大輔監督が4番を任せるなど期待されたが、公式戦では22本塁打打率.207,37打点に終わる。

2004年、正式に外野手転向。

多村仁らに出番を奪われながらも打率.290、11本塁打、27打点をマークした。

2005年、主に代打として出場。

同年のシーズンオフ、2度の契約更改も全て保留し、トレード志願を行った。

2007年オフ、大西宏明との交換トレードでオリックス・バファローズに移籍。

2009年、戦力外通告を受け、12球団トライアウトを受けるも獲得球団無しという結果に終わり、現役を引退。

2010年、総合格闘技SMASH」に入団。総合格闘家に転向。

松坂世代の1人。

妻はモデルの池端忍


リスト::格闘家 

リスト::野球選手

*1松坂大輔の外れ1位だった。

*2:2003年11月19日放送の「トリビアの泉」で小学生の頃の卒業文集に「絶対に行きたくない球団はロッテ大洋」と書いたことが話題となった。