古葉竹識

スポーツ

古葉竹識

こばたけし

プロ野球選手・指導者。

旧名「古葉毅」。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は1番。

1936年4月22日生まれ。熊本県熊本市出身。

済々黌高校から専修大学に進学。

中退後、日鉄二瀬を経て1958年広島カープに入団。

1964年、57盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを獲得。

1968年、2度目の盗塁王に輝く。

俊足巧打の1番打者として活躍、1960年代カープを支えた。

1970年南海ホークスへ移籍。

1971年現役引退

1972年、コーチに就任。

1974年、広島東洋カープヘッドコーチとして復帰。

1975年、シーズン途中で退団したジョー・ルーツ?の後を受け監督に就任。

赤ヘル旋風を巻き起こし、初のリーグ優勝へ導く。

その後、1979年1980年と2年連続で日本一に輝く。

強力な投手陣と機動力を擁し、多くの選手を見出しカープ黄金時代を形成。

1984年、3度目の日本一に輝く。

1985年、監督を勇退


1987年横浜大洋ホエールズの監督に就任。

しかし、選手との対立などもあり、好成績をあげることはできず、1989年辞任。

監督通算873勝791敗137分け。

退団後は野球評論家を務め、その間広島市選挙参議院選挙にも出馬した。


1999年、野球殿堂入り。

2003年、マスターズリーグ札幌アンビシャスの監督に就任。

2006年、退団。


2007年、東京国際大学の監督に就任。史上2人目*1のプロ監督経験者の大学野球監督となる。

*1大阪タイガースの監督後早稲田大学に監督として復帰した森茂雄?に続き、2人目。