孤立死

社会

孤立死

こりつし

地域社会との繋がりを持たない状態で死亡し、その死亡した事実が長期間誰にも気付かれなかった状態。「孤独死」とともに使われる。

現代の日本では、独居高齢者老老介護世帯だけでなく、若年層の家族がいる世帯や生活困窮世帯でも起こっている社会問題