スマートフォン用の表示で見る

戸川秋骨

読書

戸川秋骨

とがわしゅうこつ

英文学者、翻訳家、評論家、随筆家。1870(明治3)〜 1939(昭和14)。本名明三。随筆家戸川エマ娘。


明治学院で、島崎藤村馬場孤蝶らと同級。1891年(明治24)明治学院を卒業して明治女学校教師となる。

1893年島崎藤村北村透谷らと雑誌「文学界」を創刊。また、硯友社グループとも交流があった。

一方、東大英文専科に学び、1899年山口高校教授。その後欧米に留学、帰国して1910年慶応大学教授となる。

早くから翻訳家として知られ、翻訳書多数。「エマーソン論文集」や「哀史」(レ・ミゼラブル)、「十日物語」(デカメロン)は広く読まれた。研究者としては、「英文学講話」「英文学覚帳」などの著作がある。

また、抑えたユーモアをまじえた、名エッセイストとしても知られ、「欧米紀遊二万三千哩」「そのまゝの記」「文鳥」「凡人崇拝」「楽天地獄」「自然・気まぐれ・紀行」「都会情景」「自画像」「朝食前のレセプション」「食後の散歩」など、多数ある。なお、晩年の昭和期のエッセイ集は、ほとんどが長谷川巳之吉の「第一書房」から刊行されている。

能楽を趣味とし、能についての著書もある。