スマートフォン用の表示で見る

戸部新十郎

読書

戸部新十郎

とべしんじゅうろう

作家。

1926年4月8日〜2003年8月13日。

石川県七尾市生まれ。

早稲田大学政治経済学部中退。北国新聞社記者を経て、作家に。

クラブ雑誌に多岐流太郎の筆名で時代小説を書きはじめる。

その後、筆名を本名に戻して書いた「安見隠岐の罪状」が第70回直木賞候補となった。