スマートフォン用の表示で見る

故郷の空

音楽

故郷の空

こきょうのそら

もともとは、スコットランド民謡


明治時代に大和田建樹が作詞し、小学唱歌として日本で歌われた。

「通りゃんせ」と並び、横断歩道の青信号のメロディとしてよく使われる。


ザ・ドリフターズの「誰かさんと誰かさん」もこの曲が元になっている。

スコットランド民謡の原曲は麦畑を舞台にしており、

むしろ「故郷の空」より「誰かさんと誰かさん」の方が原曲に近い。