胡弓

音楽

胡弓

こきゅう

胡弓とは、

1.日本の擦弦楽器

2.沖縄地方の擦弦楽器で「くーちょー」と読む。胴が椀形になっており、棹は三線と同様に黒檀が主に用いられる。

3.広義で言う擦弦楽器、殊にアジア地方の擦絃楽器を胡弓と呼ぶ事がある。

ここでは1.の項を中心に説明する。

外見は三味線をそのまま小さくした形状となっている。

弓には紫檀花梨、竹などが用いられ、弓の毛には馬の尾の毛を束ねたもの用いられる。また胡弓本体の材質は三味線と同様のもの(胴:花梨に猫(犬)皮、棹:紅木等)が用いられる。

基本的な奏法は、本体を左右に回転させながら、弓を弦と接して押し引きして演奏する。

3.のように二胡胡弓と呼んでいる音楽家や音楽教室が多いが、混乱を招く元となるので厳密に使い分けるのが望ましいという意見もある。因みに胡弓という言葉自体は中国語には存在しない。