スマートフォン用の表示で見る

胡桃沢耕史

読書

胡桃沢耕史

くるみざわこうし

作家。東京生まれ(1925〜1994)。

昭和30年「壮士再び帰らず」で、第7回オール読物新人賞を受賞。昭和58年「天山を越えて」で、第36回日本推理作家協会賞、長篇賞を受賞。さらに同年「黒パン俘虜記」で、第89回直木賞を各々受賞。他に「旅人よ」など、独特な色彩を放つ作品が多い。

「翔んでる警視」シリーズは、直木賞受賞後、新規に独自の路線を築き、大ベストセラーとなった作品である