スマートフォン用の表示で見る

胡粉

アート

胡粉

ごふん

日本画の代表的な白絵具。

胡粉は、カキの貝殻を何年もかけて風化させた後に作られます。単に白の絵具として使うだけでなく、下塗りに使って上の絵具の発色をよくしたり、他の絵具に混ぜて色を抑えたり、さまざまな役割を担っています。

胡粉の扱い方