胡軫

社会

胡軫

こしん

中国後漢の人物(生没年不明)。涼州の人。字(あざな)は文才。

191年?董卓を討つために挙兵した孫堅を迎撃するため、董卓の命を受けて呂布華雄らと共に出陣し、陽人で孫堅を迎え撃ったが敗れた(陽人の戦い?)。これは孫堅軍が精強だった他、胡軫の指揮能力が低く、さらに味方であるはずの呂布が胡軫への反感から虚偽の情報を流して味方を混乱させたためだという。この戦いで華雄が戦死している。

192年?董卓が暗殺されると、徐栄・楊定?らと共に王允に服属した。李傕?らが長安に攻め寄せてくると、王允の命令で徐栄らと共に迎撃に向かったが、王允に反感を覚えていたため楊定と共に寝返り、徐栄を戦死させた。

一説にはその後、司隷校尉まで昇進したが、ある人物を無実の罪に落として処刑したため、まもなく怪死したという。

三国志演義』では、華雄の副将の1人として、孫堅軍の程普と一騎打ちをして戦死する。

リスト::三国志関連