五月女豊

スポーツ

五月女豊

さおとめゆたか

70〜80年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は21→14→37番。

1949年4月13日生まれ。栃木県出身。

鹿沼農業高校で1967年夏の甲子園に出場。

卒業後日本石油に入社し、ノーヒットノーランを達成。

1973年ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

1年目より一軍で登板。

1976年、片岡新之介加藤博一との2対2の交換トレードで、鈴木照雄と共に太平洋クラブライオンズに移籍。

リリーフ投手として登板。

1980年西武ライオンズにてイースタン・リーグ防御率0.76を記録し、タイトルを獲得。

1982年、金銭トレードで横浜大洋ホエールズに移籍。

ホエールズでも主に中継ぎ投手として活躍。

1984年現役引退


現在は鹿沼市東京海上日動の代理店を経営。

また、マスターズリーグ東京ドリームスの選手としても活躍。