五行交代理論

一般

五行交代理論

ごぎょうこうたいりろん

別名:五行説、または陰陽五行論(説)による。

五行交代理論には相勝説と相生説があり、前者は戦国末の鄒衍が唱えたもので木金火水土の排列で、後者は漢の劉向・劉キン(音+欠)の父子が唱えたもので木火土金水の順序です。配色の対応は木青・火赤・土黄・金白・水黒となっています。

五行を歴史上の王朝配当するようになったのは鄒衍五帝に五行を割り当てたのから始まったようで、この際に彼が基準としたのは同時代の周を火徳としたことである。これについて京大儒学開祖というべき狩野君山は当時においては周が火徳であることは当時の通念となっていたので、鄒衍もこれを原点とせざるを得なかったものであろうと論じている。そして前代の殷は金徳で夏は木徳で虞(舜の国家)としたもののようです。周が火徳ということであればこれを打倒(放伐)した秦は自ずから相勝説により水徳ということになる(「史記」にもそう書いてあり、また大方の学者もこれを支持しるが、栗原朋信氏は始皇帝は周を継承したとの意識は持っておらず、水徳の採用は疑わしいと主張していますが少数説たるを免れていない<史記に秦は水徳の色である黒を鎧の色のシンボルにしたとの記述もある>)。

漢になってから文帝の時に賈誼は上書して土徳の採用を提案しているが、当時はまだ秦の制度の変革に着手できずにそのまま棚上げに経過した。しかし武帝の時代になると丞相の張蒼は秦を無視して直接に周を継承して水徳を採用すべしと提議し、民間人の公孫臣はやはり土徳を採用すべしと主張し対立した。結局は武帝により土徳説に従い服色を黄とすることに決定を見た。ところが前漢の末になると劉向は相生説を提唱し始め漢は火徳となるべきものと説くようになった。この説の背景として考えられるのは漢の高祖の先祖は堯であるとする情報が一般化したことによる。

「禮記」の「月令」は古書中では相生説の順序に対応しているので、これにより周木徳・殷水徳・夏金徳・舜土徳と遡っていくと堯は火徳となり、漢と徳運が一致することとなり、高祖を白帝の子である大蛇を斬った赤帝の子とする伝説とも照応し好都合であった。

こうして漢は火徳とするアイデアが提唱されることになったが、この説を推進したのは劉向の子で王莽のブレインとして活躍した劉キン(音+欠)である。王莽はかねてから舜の子孫という系図をひけらかし、舜が土徳ということであれば好都合で、漢の天下を簒奪することに画策し利用した(彼は万事こういった迷信じみた理念が好きな人物で、意識的に利用したのか本気の思い込み政権の獲得維持に積極的に持ち込んでいた)。これに対し王莽打倒に反乱を起こした勢力(赤眉の乱)が眉を赤く塗っていたのは、漢の復興を表向きのスローガンにしていたた(赤は火徳の服色)めだと思われる。この結果相生説は急速に定着していった。

後漢末になると今度は反乱勢力が土徳説を利用するようになった。言うまでもなく「黄巾の乱」がこれにあたる。また漢に代わって皇帝になろうとした袁術黄帝の子孫と称し、その国号を「仲家」としたのも土徳に属する方位が「中」であったからかと想像される。漢に代わって建国した魏が「黄初」呉が「黄武」の元号を用いたのも土徳を意識したためだと思われる。一方で蜀では「炎興」の元号を採用しているのは火徳の再興を祈念したもので、王莽や曹丕武力による政権の奪取ではなく、古の聖帝のように平和裏に易姓を実現したかのように偽装する禅譲プロセスのためには、相生説は絶大な効用を発揮した。そして相勝説は政治手段としては顧みられなくなってしまった。

以下の各王朝の徳運と服色を摘記しておく。

魏・呉・新(王莽)=土黄、晋=金白、後趙北魏・劉宋=水黒、前燕・南斉・北斉北周=木青、前秦・梁・隋=火赤、陳・唐=土黄

なお北魏は当初は黄帝の後裔と称していたため土徳を採用していたが、孝文帝の時に前秦継承して土徳とすべしという説と晋を継承して水徳とすべしという、両説が対立したがやはり統一政権である晋の金徳を継承することに落着した。また唐でも玄宗の時に当初は漢の火徳を継承したものとしていましたが、5年後にはやはり隋を継承したものと決定した。

五代になると後梁は金徳だが次の後唐はこれを無視して唐の土徳を維持することとし、後晋が金徳で後漢は水徳となり後周は木徳で宋は火徳という徳運となっている<※ただし宋は木徳との異説もある*1>。以後の王朝では従来の五行の徳運については廃棄され廃れていったと思われる。その事情としては禅譲という手続きが顧みられなくなり、剥き出しの武力で天下の奪権が実行されるようになったという歴史の様相の変化からかと思われます。

王朝の称号もそれまでは政権獲得の前段階の封号に由来するものであったのが、「大元」からは易経から取義することになり「大明」「大清」も古典籍から嘉字を選ぶようになりました。国家の観念も天子の家族の私産という意識から脱却したものへと変化していった。

<実際、明から清への政権交代に関しては、火徳の明に対して、後金から大清に国号を変更したときに、禅譲の順番なら木徳であるのに清はあえて、水徳を選んでいることからも、そのことが証明されると思われが、秦が火徳の明に変わって、水徳を名乗ったこと(「水克火(水は火に克つ))と解釈して、相勝説を復活させて禅譲の順番ではなく放伐での政権交代である水徳を選んだとの説も有力との議論もある>


ちなみに、その後の中華民国国民政府中国国民党)のシンボルは青天白日旗の青(木徳?)<※袁世凱から1928年まで存続した北京軍閥政府のシンボルは五色旗>で現在の中華人民共和国のシンボルは五星紅旗の赤(火徳?)である。