スマートフォン用の表示で見る

五社協定

映画

五社協定

ごしゃきょうてい

かつて日本の映画界にあった協定。松竹東宝大映新東宝東映の5社が1953年9月10日に調印した。各社専属の監督や俳優の引き抜きを禁止と貸し出しの特例廃止が書かれていた。また、日活による俳優の引き抜きを封じることも目的としていた。しかし、1958年9月には日活も協定に参加して六社協定となった。六社協定では「スターを貸さない、借りない、引き抜かない」の「三ない主義」を打ち出していた。その後、1961年には新東宝倒産して再び五社協定となったが、テレビの台頭や大映倒産などもあり、映画界全体が低迷し、専属俳優を解雇したりして協定が事実上破綻した。