五十日

社会

五十日

ごとおび

毎月5日、10日、15日、20日、25日、月末を指す言葉。

一般的な会社の給料の〆日や給料支払日の他、様々な機関の期限の日として設定される場合が多い。

よく「ごとうび」と記す場合が見受けられるが、正しくは「ごとおび」である。

また、関西が起源とされる言葉であり、「ごとび」と呼ぶこともある。

影響

物事の境界日として設定される関係上、各機関の窓口等の混雑が集中したり、あわせて自動車通行量が関連して増加し、渋滞が発生したりする。

週明けの月曜日などと重なると、様々な場所での混雑の激化などが想定される。

対処

一部公務員の給料日などは、五十日回避の為か五十日の7日前に設定される場合が存在する。