五省

一般

五省

ごせい

五省とは、海軍兵学校および海上自衛隊第1術科学校、海上自衛隊幹部候補生学校で用いられている5つの訓戒。

一、至誠(しせい)(もと)るなかりしか

一、言行に恥ずるなかりしか

一、気力に欠くるなかりしか

一、努力に(うら)みなかりしか

一、不精に(わた)るなかりしか

概要

1932年、第34代海軍兵学校長である松下元少将の発案により、生徒各自の行為を反省させ、翌日の修養に備えさせるため、5か条の反省事項を考え生徒に実施させた。

海軍兵学校では、夜間「自習止め5分前」のラッパが鳴り響くと、生徒は素早く書物を机の中に収めて、粛然と姿勢を正し、その日の当番生徒が、「五省」の各項目に問いかけ、その他の生徒は瞑目し、心の中でその問いに答えながらその日一日の自分の行動について自省自戒していた。

現在では、海上自衛隊第1術科学校及び海上自衛隊幹部候補生学校の学生たちに引き継がれ、毎晩自習終了時刻の5分前になると、五省の唱和により自分を顧みて、日々の修養に励んでいる。

意味

至誠に悖るなかりしか
真心に反することはなかったか
言行に恥づるなかりしか
言葉と行いに恥ずかしいところはなかったか
気力に欠くるなかりしか
気力が欠けてはいなかったか
努力に憾みなかりしか
努力不足ではなかったか
不精に亘るなかりしか
不精になってはいなかったか