スマートフォン用の表示で見る

五星紅旗

一般

五星紅旗

ごせいこうき

五星紅旗は、中華人民共和国国旗

共産主義革命を象徴した赤地に5個の星を配し、左上の1個の大星は中国人民政治協商会議または中国共産党を、弧状にこれを囲む4個の小星は、労働者農民知識階級・愛国資本家の4階級を表す*1として黄色に染め抜いてある。

経済学者でもある曾聯松のデザインによるもので、1949年9月制定。

*1:同時に、大星は中国本土を、4つの小星はそれぞれ満州モンゴルウイグルチベットを表わすとも言われる