スマートフォン用の表示で見る

五百羅漢寺

地理

五百羅漢寺

ごひゃくらかんじ

東京目黒にある寺。正式名、天恩山五百羅漢寺。明末に中国から亡命してきた禅宗の一派、黄檗宗の寺。

目黒のらかんさん」として親しまれている当寺の羅漢像は、元禄時代に松雲元慶禅師が、江戸の町を托鉢して集めた浄財をもとに、十数年の歳月をかけて作りあげたものです。五百体以上の群像が完成してからもう三百年の星霜を重ね、現在は東京都重要文化財に指定されています。(現存三百五体)

天恩山五百羅漢寺はもともと本所五ツ目(現在の江東区大島)に創建され、五代将綱吉さらに八代将軍吉宗の援助を得て繁栄を誇り、「本所のらかんさん」として人びとの人気を集めていました。

しかし、明治維新とともに寺は没落し、二度移転し、明治四十一年に目黒のこの地に移ってきました。大正から昭和にかけて非常に衰退し、雨露をやっとしのぐほどの無残な状態になり、羅漢像の将来が心配されていました。

昭和五十四年になって、日高宗敏貫主によって再建計画が立てられ、多くの困難をのりこえて昭和五十六年に近代的なお堂が完成し、名実ともに「目黒のらかんさん」としてよみがえりました。

どうぞゆっくりと「目黒のらかんさん」にお参りしてください。