呉蘭

社会

呉蘭

ごらん

中国後漢の人物(? - 218年?)。

漢中の支配をめぐって劉備曹操が対立したとき、劉備の命令で張飛馬超雷銅らと共に武都?・下弁?に侵攻したが、曹操派遣した曹洪曹休に破られて、後続の張飛らの援護も得られず雷銅と共に孤立してしまった。呉蘭は陰平に逃れたが、テイ族?(氐族)の長の強端?に攻撃されて斬られ、首を曹操の元に送られた。

三国志演義』では劉璋配下の勇将として雷銅と共に登場するが、敗れて劉備に降伏する。その後、漢中での曹操との戦いで曹彰に討ち取られた。

リスト::三国志関連