スマートフォン用の表示で見る

呉懿

社会

呉懿

ごい

中国後漢から三国時代の人物(? - 237年?)。名前は「呉壱」とも書く。字(あざな)は子遠。呉匡の族子。呉班の族兄。実父の名は不明。妹は蜀漢皇帝劉備皇后(穆皇后)。

後漢末期に劉焉?益州に入ったとき、一族を連れて同行した。妹が劉焉の子の劉瑁の妻となるなど、劉焉と縁戚関係にあった。

劉焉の子の劉璋の時代、劉備益州に侵攻してくると、劉璋に味方したが敗れて降伏した。

以後は劉備に重用され、未亡人になっていた妹を劉備に再嫁させるなど、蜀漢の重鎮の1人となり、丞相?諸葛亮よりも長生きした。

三国志演義』にも登場する。

リスト::三国志関連