後一条天皇

一般

後一条天皇

ごいちじょうてんのう

平安時代中期の天皇。諱は敦成(あつひら)。父は一条天皇、母は藤原彰子

一条天皇は兄・敦康親王即位を望んでいたと考えられるが、藤原道長の意により彼が即位皇后定子の子である敦康親王は既に後ろ盾を失っていたのである。