後亀山天皇

一般

後亀山天皇

ごかめやまてんのう

室町時代前期、南朝最後の天皇。諱は熙成(ひろなり)。

両統迭立などを条件に南北朝の合一に応じるも和平条件のほとんどは反故にされてしまう。失意の上皇は再び吉野に潜行したが、室町幕府の討伐を受け数年で京に帰されてしまった。