後三年の役

社会

後三年の役

ごさんねんのえき

日本の平安時代後期の東北地方を舞台とした戦役。1083年から1087年まで続いた。前九年の役の後、東北地方で勢力を誇っていた清原氏がこの戦役により消滅し、奥州藤原氏が登場する契機となった。