スマートフォン用の表示で見る

後深草院二条

読書

後深草院二条

ごふかくさいんのにじょう

村上源氏中院雅忠(久我雅忠とも)の娘。幼名あかこ。

とはずがたり』の作者として有名だが、その他ではまったく無名。

後深草院二条とは後深草院後深草天皇)に仕えた二条という女房名の女性という意味であるが、彼女自身は二条という名を嫌っており、後深草天皇も幼名であかこと呼んでいた。