スマートフォン用の表示で見る

後深草天皇

一般

後深草天皇

ごふかくさてんのう

鎌倉時代中期の天皇。諱は久仁(ひさひと)。父は後嵯峨天皇

持明院統の先祖に当たるが持明院統には含まれない。

在位中は後嵯峨上皇院政を行っていた。

上皇崩御後、弟の亀山天皇系の皇統継承に不満を抱きあれこれ働きかけ、甥の後宇多天皇を子の伏見天皇譲位させる。子天皇即位後、当初は院政を行うも数年で停止。

久明親王鎌倉幕府将軍に就けるなど持明院統繁栄のための政治工作を行った。