スマートフォン用の表示で見る

後追い自殺

一般

後追い自殺

あとおいじさつ

 崇拝する人、尊敬する人が亡くなった後に自ら命を絶つこと。ウェルテル効果

古くから「殉死」や「追い腹?」という言葉がある通り、家臣が主君に殉ずることは珍しいことではなかった。

日本では1912年明治天皇崩御された際、乃木希典将軍が「義に殉ずる」として自殺したことが知られる。その後連鎖的に多くの人が明治天皇に殉じた。

最近の後追い自殺