後二条天皇

一般

後二条天皇

ごにじょうてんのう

鎌倉時代後期の天皇大覚寺統。諱は邦治(くにはる)。父は後宇多天皇

伏見天皇後伏見天皇持明院統皇位継承が続いていたが、ここにきて大覚寺統が巻き返し即位

在位中は父上皇院政を行っていた。しかし在位7年で崩御してしまう。

彼の遺児である邦良親王は父上皇の指名した皇統継承者であり、後醍醐天皇は当初中継ぎであるはずだった。