後堀河天皇

社会

後堀河天皇

ごほりかわてんのう

鎌倉時代前期の天皇

承久の乱後、鎌倉幕府の「後鳥羽天皇皇族即位は認めない」という条件により、後鳥羽天皇の兄・守貞親王の子である彼が即位即位当初はまだ幼かったため、父・行助入道親王が還俗され後高倉上皇となって院政を行った。後に後堀河天皇院政を行おうと子・四条天皇譲位するも、治天の君となってわずか二年で崩御してしまう。

京都泉涌寺皇室の祈願寺と定めた。